【幹細胞トピックスVol.005】米国機関、幹細胞の機能を皮膚に留める無痛治療(マイクロニードル)を開発


幹細胞治療にマイクロニードル

KINTARoMSC.CoMスタッフが気になる幹細胞関連のニュースを皆様にご紹介します。今回は米国研究機関 Terasaki Instituteが報告した「幹細胞とマイクロニードルを利用した損傷組織の治療」についてです。

幹細胞治療にマイクロニードル?

マイクロニードルとは、蚊に似た微細な針の先端に薬を含有させ、皮膚に貼り付ける事で投与するパッチ型の製剤です。蚊に刺された時に痛みを感じないように、マイクロニードルを貼り付けても痛みはありません。


現時点での幹細胞治療の多くは点滴投与で行われていますが、投与された細胞は身体中に分散されてしまいます。幹細胞が分散される事自体は悪いことではありませんが、皮膚の傷・疾病等に効果を期待する場合は、局所的に作用させる事が重要です。


今回、Terasaki Instituteは、幹細胞を上皮組織に留め、その機能を高めるマイクロニードルを開発しました。同機関は、マイクロニードルを間葉系幹細胞の点滴投与と比較して、マイクロニードル投与の方がマウスの皮膚の創傷治癒を早めた事を報告しています。

(以下、記事より一部を抜粋)


(LOS ANGELES) — Mesenchymal stem cells (MSCs) are multipotent in that they naturally replenish the cell types that build our bone, cartilage and adipose tissues. However, their much broader regenerative potential, based on their capacity to migrate and engraft in injured tissues and secrete factors that enhance the formation of new blood vessels, suppress inflammation and cell death, and promote healing, makes them exquisite candidates for cell-based therapies for diseases as varied as cardiovascular, liver, bone and cartilage diseases, lung and spinal cord injuries, autoimmune diseases and even cancer and skin lesions.
 
MSCs provoke no or negligible adverse reactions in patients that receive them from healthy donors, and can be easily isolated from human tissues, expanded to clinical scales, biopreserved, and stored for point-of-care delivery. This efficiency in preparing medical grade MSCs contrasts with the relative inefficiency with which they currently can be delivered to target tissues in patients. Clinicians often need to administer massive numbers of MSCs with high precision to reach sufficient numbers of cells that successfully engraft and remain functional over time.
TERASAKI INSTITUTE

 

記事全文はこちら(英語)からご覧になれます


お問い合わせ・ご相談はこちら

体験について詳しく知りたい、おすすめの航空便やホテル、SIM手配などのサポートを受けたい、複数名または希望日程で利用したいなど、お問い合わせやご相談は「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ。また、動画視聴形式でのオンラインセミナーを事前登録制で開催中です。参加ご希望の方は「無料セミナー申込はこちら」からお申込み下さい。追って弊社より視聴方法についてご案内させて頂きます。