幹細胞ニュース RSS



【幹細胞ニュース Vol.010】ご案内再開に向けた現況 その2

2020年2月下旬に表面化したと同時に始まった、中国/武漢に端を発する新型コロナウィルス禍の発生からもう18か月が経過したことになります。私は先日日本よりシンガポールに帰ってきましたが、弊社が同3月から停止している金太郎細胞(若く健康なロシア人をドナーとした、骨髄由来の間葉系幹細胞:MSC)点滴投与を再開できる目途が立ったわけではありません。 シンガポールは9月8日から、遂にドイツとブルネイからの観光客・ビジネス客(2度のワクチン接種後、2週間経過)を隔離なしで入国できるようにしました。更に今後、段階的にそのような対応に変更となる国は増えていくと発表されています。日本からは永住権保持者、就労ビザ、学生ビザを持っている人しか、現在入国できませんが、年内には対象になる、と思われます。その日が楽しみです。

続きを読む



【幹細胞ニュース Vol.009】ご案内再開に向けた現況 その1

2020年4月7日に同時に始まった日本そしてシンガポールの新型コロナウィルス禍に対する緊急事態宣言/行動制限からはもう一年が経とうとしています。 実は今日3月15日は、昨年、私がお客様と共にクアラルンプールに入り、金太郎細胞(若く健康なロシア人をドナーとした、骨髄由来の間葉系幹細胞)点滴投与に帯同した最後のツアーを実施した日付です。 即ちもう丸一年も、クアラルンプールでの投与ができていない、ということになります。 あのときは翌々週の週末も、翌月の一週目の週末も、日本からのお客様のマレーシア入国が決まっていました。10人以上のお客様との投与日程の調整が進んでいました。

続きを読む



【幹細胞ニュース Vol.008】新年のご挨拶およびご案内再開の見通しについて

あけましておめでとうございます。シンガポールからToGEAR加藤順彦です。奇しくも、昨2020年4月7日に同時に始まった日本そしてシンガポールの新型コロナウィルス禍に対する緊急事態宣言/行動制限から9カ月あまりが経ちました。シンガポールではかなり厳格な新型コロナウィルスに対する封じ込め施策が今のところは効いており、マレーシア、インドネシア、タイなどの周辺国では感染の拡大が抑えられていないにもかかわらず、市中感染がゼロ~数名という状況が続くなど、安定した状況がここ4カ月ほど続いてはいます。

続きを読む



【幹細胞ニュース Vol.007】最近話題のMuse細胞とは?他の幹細胞との種類と課題を薬剤師が分かりやすく解説

最近話題となっている「Muse」細胞とは何なのか解説します。様々な細胞に分化できる多能性を持ちつつ、その安全性も高いことから、実用化に大きな期待がなされています。同じく多能性幹細胞と呼ばれるiPS細胞やES細胞との比較や、既に実用化がされている間葉系幹細胞との違いなどを説明します。

続きを読む



【幹細胞ニュース Vol.006】他家の幹細胞を使ったコロナ治療の治験を進めるロート製薬

ロート製薬による他家の脂肪由来間葉系幹細胞を用いた新型コロナ重症者の治療に関する治験のニュースが入ってきました。自家の細胞を用いた自由診療は既に日本でも多く行われていますが、他家の細胞を用いたものはまだまだ実用化が進んでいない状況です。他家の細胞を用いることに対して拒絶反応が起こることを懸念する人もいますが実際はどうなのでしょうか。

続きを読む

お問い合わせ・ご相談はこちら

体験について詳しく知りたい、おすすめの航空便やホテル、SIM手配などのサポートを受けたい、複数名または希望日程で利用したいなど、お問い合わせやご相談は「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ。また、動画視聴形式でのオンラインセミナーを事前登録制で開催中です。参加ご希望の方は「無料セミナー申込はこちら」からお申込み下さい。追って弊社より視聴方法についてご案内させて頂きます。