【幹細胞ニュース Vol.004】いくつかの報道から考察する。幹細胞を用いた新型コロナウイルス治療


新型コロナウイルス治療で期待の高まる幹細胞
弊社では、マレーシアの首都クアラルンプールでの
金太郎細胞(20代のロシア人がドナー):他家/骨髄由来の間葉系幹細胞の点滴投与をご案内しています。
しかしながら5月7日現在、日本だけでなく、全世界はいまだ新型コロナ禍で覆いつくされています。
ここシンガポールも、クアラルンプールのあるマレーシアも、感染拡大のピークは折り返したものの、日々感染者は発現しており、ロックダウン(都市封鎖)は慎重に段階的な緩和が進んでいる状況です。
弊社のご案内も再開の目途を立てたい一方で、日本も含めて国民・外国人とわず
入出国時の「14日間の隔離」が義務付けられている状況が無期で実施されており、その如何となっています。
そんななか5月2日に、テレビ朝日の報道番組にてこのようなニュースが飛び込んできました。

世界で拡がる幹細胞を使った新型コロナウイルス患者への治療

■ 幹細胞利用の治療法をUAEが開発 患者73人が回復  
このニュース番組によると、
・『新型コロナウイルスの発症者の血液から採取した幹細胞を活性化』
・『霧状にして肺に吸入』する
・『肺の細胞が再生』
・『過剰な免疫反能も抑制』
する、と言っています。 
え、凄すぎる。でも、それってほんとですか。ということです。
直ぐに幹細胞ニュースでお知らせしようと思ったのですが、
ちょっとわからないことが多すぎて、引き続き情報を探していたところ、
昨日、また日本の報道で、Smart FLASH(光文社)様のウェブサイトで、
続報が出ました。
■ 73人全員完治も…新型コロナで注目集まる「ステムセル治療」  
・『患者から採取した自身の血液の幹細胞を活性化させ、細かい霧状にして吸入させたところ、肺の細胞が再生し、全員が完治
これによると、けっこう弊社的に最大の謎だった、
その幹細胞ってどなたのものですか? という点が解決しています。
つまり、これは 自家細胞(自身の幹細胞)ですね。
あとは… このUAEの件については、この記事では新しい情報はありませんでした。
こちらが幹細胞そのものなのか、幹細胞の上澄液なのか、
それともエクソソームなのか? そのあたりは未だわからないままです。
さて、このFLASHの記事にはここひと月くらいで出ている幹細胞治療と
新型コロナウィルスの他のニュースも紹介されていますね。
 
マイアミ大学の医師グループの、24人への臍帯血採取の幹細胞を使った臨床試験をし、
人工呼吸器につながれた3名の患者が回復した件の実際の記事はこちらです。
  ■ ‘Amazing potential.’ UM doctor to start stem cell trial for coronavirus patients

新型コロナウイルスの怖さ:免疫の暴走による重篤化にも幹細胞の効果が?

新型コロナウィルスは、その猛威をもってして、肺に、
そして全身の臓器に侵入し、それを傷め、あっという間に
死に至らしめることが分かっています。
しかも、病状の急激な進行により、本来は人間を護るべき機能を果たしている
自己免疫が過剰な反応が故に暴走する(サイトカインストーム)ことで
一気に重篤化していることも多くの学者・研究機関が同様の報告をしています。
■ 免疫暴走で肺炎重篤化か 新型コロナ、全身臓器に侵入 研究で判明 (産経新聞 2020年5月3日 報道)
私が5月2日のテレビ朝日のニュースでたいへん驚いたのは、
そのなかに『過剰な免疫反能も抑制』という報も含まれていたからです。
これはまさにサイトカインストームの抑制を指しているものと思われます。
***********

金太郎細胞(骨髄由来・他家の間葉系幹細胞)の可能性

弊社がご案内している『金太郎細胞』は若いロシア人の骨髄から直接採取した
(他家細胞/骨髄由来)間葉系幹細胞を培養し、約2億個を点滴にて投与するものです。
幹細胞は、あまねく人間の全ての細胞のもとになる細胞であり、
その再生のドライバーであることが分かっています。
ですので、幹細胞を直接!、肺に『霧状に吹き付ける』(って…どうやるの?!)ことによって、
肺が正常に機能するように快復するというのも理屈では正しく、
その可能性を感じずにはいられません。
いま世界でもっともソリューションが求められいてる領域で、
幹細胞治療が注目されることはとても意気に感じること。
引き続き弊社としてもウォッチを続けてまいりたいと思います。

コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。


お問い合わせ・ご相談はこちら

体験について詳しく知りたい、おすすめの航空便やホテル、SIM手配などのサポートを受けたい、複数名または希望日程で利用したいなど、お問い合わせやご相談は「お問い合わせフォーム」からお気軽にどうぞ。また、動画視聴形式でのオンラインセミナーを事前登録制で開催中です。参加ご希望の方は「無料セミナー申込はこちら」からお申込み下さい。追って弊社より視聴方法についてご案内させて頂きます。